音楽留学

音楽が目的で海外留学をする人たちも多くいらっしゃるようです。若い人たちは、夢を持ち、夢に向かってまっしぐらのようです。音楽留学でアメリカに渡る学生たちに人気の大学が、ボストンにあるバークリー音楽大学です。かつては数百名の日本人学生が音楽を学んでいました。しかし、最近では学費の高騰から名前を聞く機会が減っています。

バークリー大学は基本的に実技を重要視します。オーディションがあり、奨学金が支給されるケースもあるようですが、基本、1年間の学費と寮・食費で6万ドル程度かかってしまうようです。4年間大学に通うために、2千万円近くの費用がかかってしまうことになります。

このような膨大の費用がネックで段々と音楽で海外留学というモチベーションも下がっているのかもしれませんが、そもそも、日本の大学だって学費が高いことは高いのです。そして、大学以前、真剣に音楽と向き合うのなら、レッスンを受けてレッスンの費用を支払い続けていくことになります。

そのようなことを考えると、それほど海外留学の費用が高いとも言えなくなってくるのではないでしょうか。

日本の大学で音楽を専攻するというのなら、音楽大学など専攻することになりますが、アメリカの大学ではどこでも音楽を専攻するチャンスがあります。バークリーだけが音楽を学ぶ場所ではありません。

バレエ留学

バレエ目的で海外留学をする人たちもいらっしゃるようです。みなさんご自身の夢を海外留学という形で確実にしようしているようです。海外にバレエ入学をして、コツコツまじめに練習に励んでいる人たちもいらっしゃるでしょうが、もちろん挫折したという人たちもいます。

海外留学、それは、海外の人たちと同じ条件で肩を並べることを意味します。しかし、海外の人たちは、将来の夢に向けて、子供さんの頃から、現実的な夢を持っていると言われています。しかし、日本人の場合、高校生になって、夢を決定するケースも多く、大きく出遅れていることは、出遅れているのです。

日本人の人たちが海外留学でバレエという場合、最初から出遅れ感のようなものが存在していたのです。挫折するかもしれないということもしっかり自覚をして対策を練る必要があるのではないでしょうか。

海外留学をして周囲にいる友だちって、明らかに優秀すぎるライバルたちなのです。それを気づかせぬようにする配慮として、日本人だけのクラスにしたりということもあるようです。しかし気づかないことがいいことではありません。最終的には間違いなくあなた自身に突きつけられることなのですから。対策とは、めげない強い意志に過ぎない訳ですが。