音楽留学

音楽が目的で海外留学をする人たちも多くいらっしゃるようです。若い人たちは、夢を持ち、夢に向かってまっしぐらのようです。音楽留学でアメリカに渡る学生たちに人気の大学が、ボストンにあるバークリー音楽大学です。かつては数百名の日本人学生が音楽を学んでいました。しかし、最近では学費の高騰から名前を聞く機会が減っています。

バークリー大学は基本的に実技を重要視します。オーディションがあり、奨学金が支給されるケースもあるようですが、基本、1年間の学費と寮・食費で6万ドル程度かかってしまうようです。4年間大学に通うために、2千万円近くの費用がかかってしまうことになります。

このような膨大の費用がネックで段々と音楽で海外留学というモチベーションも下がっているのかもしれませんが、そもそも、日本の大学だって学費が高いことは高いのです。そして、大学以前、真剣に音楽と向き合うのなら、レッスンを受けてレッスンの費用を支払い続けていくことになります。

そのようなことを考えると、それほど海外留学の費用が高いとも言えなくなってくるのではないでしょうか。

日本の大学で音楽を専攻するというのなら、音楽大学など専攻することになりますが、アメリカの大学ではどこでも音楽を専攻するチャンスがあります。バークリーだけが音楽を学ぶ場所ではありません。